文献調査

石見銀山の周辺や広く国内・国外には、古文書など文字で記された石見銀山に関する様々な歴史資料が残されています。
そうした資料の読解や保存・活用のための作業を実施しています。
  調査の目的  
  ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
 

文献調査の大きな目的は、石見銀山遺跡を未来へ守り伝えてゆくために、その歴史を解明してその意義を明らかにすることにあります。

また、そのためには人権尊重の精神を基底に据えて、石見銀山の歴史を学ぶことが大切です。貴重な文化財である石見銀山関連の歴史資料について、散逸・消滅の危機を防ぎ、保存・活用を図ってゆくことも目的としています。

 
 
  調査の内容  
  ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
 

調査対象となる歴史資料やその情報について、文章・図・写真などによって記録し、それぞれを整理したうえで目録化をはかり、記録保存します。必要に応じて文字で記された内容を解読するほか、活用に向けて歴史資料自体の保存状態を整えることも行います。

主要な歴史資料については、解読文や解説をまとめた刊行物を刊行し、広く利用の便宜を図っています。

これら一連の調査で必要となる、関連図書や情報の収集も合わせて行っています。

古文書の収蔵状況


 
  現在の調査  
  ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
 

1104月~:石見銀山遺跡関連中世文書調査(3回実施)

1104月~:熊谷家下張り文書調査(7回実施)

1108月~:竹下家文書調査

1104月~:平田家文書調査

1106月~:安田家文書調査

 

 
  過去の調査  
  ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
  ■平成22年度(一例、別ページへ)
■平成19~21年度
■平成18年度以前
 

 
  調査に関するお問い合わせ  
  ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
  電話:0854-89-0183 調査研究担当
インターネットからは、こちらのメールフォームより
 
09218