町並み交流センターで「鏝絵(こてえ)」を展示紹介中

2009年5月2日

鏝絵とは、漆喰(しっくい)を使って寺社や民家の壁などに描いたレリーフのことです。石見銀山の周辺では、かつて石州左官(せきしゅうさかん)と呼ばれた優秀な左官職人が造った鏝絵が多数残っています。
町並み交流センターでは、鏝絵(こてえ)の実物や写真を展示し紹介しています。お立ち寄りください。

*町並み交流センター
町並み交流センター
*  保存修理建物の縮小模型展示コーナー
  保存修理建物の縮小模型展示コーナー
* 鏝絵コーナー①.
 鏝絵コーナー①.
* 鏝絵コーナー②
 鏝絵コーナー②
04363