H21-第2回 世界遺産センター公開講座を開催しました 【7/4】

2009年7月13日

【日時】 平成21年7月4日(土) 13:30~15:45
     世界遺産センター・オリエンテーション室
【演題】 代官 川崎平右衛門定孝-石見銀山に至るまで-
【講師】 馬場 治子先生(府中市郷土の森博物館学芸員)
【受講者】約50名

 石見銀山料では59名の奉行・代官が赴任しています。武蔵国多摩郡生まれの川崎平右衛門定孝は31代目の代官(在任は1762-67)で、石見銀山を立て直し「中興の祖」と言われています。彼の素養を培った武蔵野地域の村役人層の優れた能力や、武蔵野新田や美濃国などでの業績など、石見銀山へ赴任するまでの足跡をご講演いただきました。

H21-第2回 世界遺産センター公開講座を開催しました 【7/4】
04433