願札掛所

御取納丁銀に見立てた『願い札』に想いを書いて、「福」を呼び込もう!
願札掛所


御取納丁銀に見立てた『願い札』に想いを書き、「福」を呼び込もう!
 
 
紐(ひも)の色 御利『福』
勝負・健康  
お金・家庭  
恋愛・人間関係
仕事・学業  
出世・全体  
願札掛所
   あくまでも一般的な例です



 石見銀山は、多くの人に幸福をもたらしたと言われています。
特に、をもたらした銀鉱石を『福石』と名付けたそうです。
 皆様も旅の想い出に、福石の眠る仙ノ山(銀峯山)に願いをすることで
『福』を呼び込んでみてはいかがでしょうか?

『福石』が最も採掘されたのが大久保間歩の『福石場』。
「福」を肌で感じるなら「大久保間歩一般公開限定ツアー」に参加♪
◎御取納丁銀とは?
  毛利元就が正親町天皇の即位料として朝廷へ献上した古丁銀で、
  献上された御取納丁銀は1,116枚にものぼったと考えられています。
  石見の銀で造られたと言われている石見銀山を代表する古丁銀のひとつです。
小高い丘の上の願札掛所へ至る階段です。
願札掛所