石見銀山の歴史略年表

時代 西暦 年号 主な出来事
鎌倉 1309年 延慶2年 初めて石見銀山が発見されたという(「銀山旧記」)


1526年 大永6年 博多の商人・神屋寿禎(かみやじゅてい)、石見銀山を発見する(「銀山旧記」)
1528年 享禄元年 大内義隆が矢滝城を築き、石見銀山を支配下におく(「銀山旧記」)
1531年 享禄4年 川本を本拠とする小笠原氏が銀山領有(「銀山旧記」)
1533年 天文2年 石見銀山で灰吹法(はいふきほう)による銀精錬がはじまり、以後国内の他鉱山に広まる。大内氏銀山を奪回(「銀山旧記」)
1556〜
1562年
弘治2〜
永禄5年
毛利氏と尼子氏が互いに銀山の争奪戦を展開し、やがて毛利氏が支配する
1568年 永禄11年 ポルトガル/ドラードの日本図に「銀鉱山王国」の記載がある



1585年 天正13年 豊臣秀吉が関白となる。このころから毛利氏と豊臣氏の共同管理となる
1600年 慶長5年 関ケ原の戦いの後、徳川氏が領有
1601年 慶長6年 大久保長安、初代奉行となる
1602年 慶長7年 年産4千貫=15トンの銀を産出する

1603年 慶長8年 安原備中、年3600貫=13.5トンの運上を納め、家康に謁見(「銀山旧記」)
1624年 寛永元年 銀山全体の銀産出量が減少し始める(年間2200貫=8.2トンを納めた)
1673〜
1682年
延宝元〜
天和2年
銀産出量がさらに減少する(10年間の平均産出高261貫=980キロ)
1675年 延宝3年 石見銀山領は代官統治へ格下げ
1731年 享保16年 井戸平左衛門代官 着任
1733年 享保18年 さつまいも植え付け奨励。井戸平左衛門 没
1766年 明和3年 石窟五百羅漢が25年の歳月を経て完成し、羅漢寺が創建される
1800年 寛政12年 大森大火により町の大半が焼失。翌年、熊谷家住宅が再建される
1815年 文化12年 大森代官所門長屋再建

1869年 明治2年 大森県が置かれる(8月から明治3年1月まで)
1872年 明治5年 浜田沖地震により坑道崩落などの被害を受ける。五百羅漢の石窟も一部崩落する
1886年 明治19年 大阪・藤田組が「藤田組大森鉱山」を設立。翌年、経営開始
1895年 明治28年 清水谷製錬所完成
1896年 明治29年 清水谷製錬所操業休止。以後、操業の中心は永久地区となり、銅生産が主力となる 

1917年 大正6年 第一次世界大戦に伴う需要増加のため増産。近代操業のピーク(銀4.2t、銅477t)
1923年 大正12年 第一次世界大戦後の銅相場低下により経営不振となり、休山となる

1939年 昭和14年 前年制定された「重要鉱物増産法」により、藤田組株式会社が採鉱再開を目指す
1942〜
1943年
昭和17〜
18年
銅採掘を試みるが大水害により設備流失、坑道水没などの被害を受け、経営再開を断念
1956年 昭和31年 大森町が大田市に合併される
1967年 昭和42年 「石見銀山遺跡」県指定史跡となる
1969年 昭和44年 代官所跡、龍源寺間歩(りゅうげんじまぶ)など14ヵ所国指定史跡となる
1987年 昭和62年 大森、銀山の町並みが国の重要伝統的建造物群保存地区に選定

1993年 平成5年 大田市による石銀(いしがね)地区発掘調査開始。採掘、精錬の跡や関連遺物が発見される
1996年 平成8年 島根県・大田市共同の石銀地区調査が始まる
2001年 平成13年 世界遺産暫定リストに登載(4月)
2002年 平成14年 「銀山柵内(さくのうち)、山城跡、港湾」国史跡追加指定となる(3月)
2004年 平成16年 大田市・温泉津町・仁摩町の景観保全条例が制定される(7月)
温泉津の町並みが国の重要伝統的建造物群保存地区に選定(7月)
2005年 平成17年 石見銀山遺跡関係鉱区禁止地域指定(1月)
「石見銀山街道(鞆ケ浦道、温泉津沖泊道)、宮ノ前地区」国史跡追加指定となる(3月)
「銀山柵内、羅漢寺五百羅漢、鞆ケ浦集落、沖泊集落」国史跡追加指定となる(7月)
大田市・温泉津町・仁摩町が合併し、新「大田市」となる(10月)
2006年 平成18年 世界遺産登録推薦書をユネスコに正式に提出(1月)
イコモス(国際記念物遺跡会議)による現地調査(10月)
2007年 平成19年 イコモスの評価結果が示され、「登録延期」の勧告がなされる(5月)
世界遺産委員会において世界遺産に登録される(7月)

 

 

このページのPDFファイル


adobe reader

 

 

PAGE TOP