石見銀山の見どころ

銀鉱山エリア

鉱山町エリア

街道・山城エリア

港と港町エリア

港と港町エリア

シェア:

鞆ケ浦道 港湾

石見銀山の銀鉱は、1527(大永7)年に、商人の神屋寿禎が付近の沿岸を航行中に陽の光に輝く山の頂に気付いたことから、発見されたと伝えられています。

博多(現在の福岡)に本拠を構えていた寿禎は、この地を支配していた大内氏にその事実を報告しました。大内氏は、すぐさま、この“富の山”を支配下に収め、石見銀山で採掘された銀鉱石を博多へ運び、さらに朝鮮半島に輸送して精製を行うために最も近く適した入り江である鞆ケ浦に港を設け、日本海の荒波や厳しい北風からの防御を図りました。