石見銀山の経済の中心地

江戸時代に町が形づくられ、今なお人が住み続け、集落の景観を今に伝えています。

徳川の直轄地であったこの町には、奉行所が置かれてその周辺には元締屋敷、向陣屋、中間長屋、その外側には武家屋敷、御用商人宅、郷宿が配されました。いくつかの建物は現存して重要文化財に指定されていたり、資料館として活用されています。散策マップはこちら

石見銀山の経済の中心地